どんなことをするの?広告代理店の仕事について知ろう

クライアントとのやり取りをする

広告代理店というのは広告を取り扱う業者であり、作ったものや商品を広告するときに使うサービスになりますよ。ここではさまざまな仕事内容があるのですが、主にクライアントと打ち合わせをして、商品や製品などを宣伝するということをしたりするためのプランを立てて実行します。これは、宣伝費はいくら位かけるのかということを打ち合わせしながら、それに見合った広告を制作してくれるというサービスになるので、コミュニケーション能力が大事になってきますよ。

リサーチをすることもある

クライアントから商品を広告したいという話が来た時に、どのような層をターゲットにしているのかというのを把握することになるのですが、これは購買層がどのような年齢なのかをリサーチしたりしますよ。このリサーチをすることにより、その商品に見合ったものを作ることができるので、適切な広告を作ってもらうことができるのです。これ以外には、CM展開をするのかということや、折込チラシを使って宣伝するのかを細かく決めていくという作業をします。

スケジュール管理等もする

広告代理店では、CM展開するのであれば芸能人を使う場合、それを発注したり、それぞれの宣伝方法により、各会社に宣伝に必要な広告の制作などを発注するという仕事をします。なので、クライアントのマネージャーのような役割を持っており、スムーズに手続きを行えるようなスキルが必要になるのです。またそれぞれのものを作るときには、スケジュール管理もする必要があるので、それぞれの制作などに関する管理能力も大事になってきますよ。

メーカーが何らかの事情で、その地域に営業所や支店を作ることが出来ない場合に、代理店の募集を行うことがあります。ノルマ等の制約がありますが、代わりに代理店価格での仕入れが可能になります。