求人広告代理店で営業として働く上で必要なこと

求人広告代理店とはそもそも何?

求人広告代理店は、インターネットやフリーペーパーなどの情報媒体に記載する求人情報を集めるのが主な仕事であるといえるでしょう。そうした情報媒体は多くあり、運営している会社も様々です。そうした会社と契約し、広告の枠を売るのが求人広告代理店の仕事になります。テレフォンアポイントや飛び込み営業など様々な手法を駆使して顧客を獲得し、売った分だけマージンを得るというのが基本的な収益モデルなので、営業が鍵になるといえるでしょう。

ひたすら新規顧客の獲得を行なうだけではない

求人広告を掲載したい会社やお店は多くあり、そうしたところに営業を仕掛けることになりますが、新規で顧客を獲得することのみで収益を上げ続けるのは限界があります。所属している社員の数や、営業エリア、他の代理店との競争など、そもそも新規獲得は難しいためです。求人広告は掲載期間が決まっており、その期間が過ぎれば追加で料金を支払うことになりますので、少しでも長く求人広告を掲載し続けてもらえるように長期的な関係を築かなければならないのです。

内容で他の代理店と差をつける

求人広告代理店は掲載する募集要項などの原稿を作成するのも仕事の内です。そして原稿の内容は求職者の応募数を大きく左右する要因であるともいえ、下手な原稿であればなかなか応募は集まりません。そこで代理店は原稿の質を少しでも上げることで他の代理店を差をつけ、自分たちと契約をすれば応募が集まるということをアピールできるようにしなければならないのです。もちろん採用条件や給与などは定められた通りにしなければなりませんので、表現を工夫をしていくことになります。

代理店の募集を調べるには独立などをしたいと考える人のサポートを行っているサイトを活用すると便利です。