具体的に知っていますか?代理店の業務内容

様々な業界にある代理店

代理店、と呼ばれる店舗を知っていますか。広告代理店、旅行代理店、保険代理店など、代理店と呼ばれる店舗は、様々な業界に存在します。すでに、利用した経験がある、という人もいるでしょう。ですが、代理店の具体的な業務内容についてはどうでしょうか。もちろん、代理店ごとに違いは存在しますし、一般的に代理店が行っている業務内容以外のことを行っている代理店もあるので、すべての代理店に当てはまるものでもありませんが、例外はひとまず置いておき、基本的な業務内容を見てみましょう。

代理店の業務内容とは

代理店の業務とは、主に他の企業の取引を代行することです。他の企業と代理店契約を結ぶことで、一定の業務を引き受けます。そして、企業から何らかの商品を仕入れ、それを顧客に販売します。販売するに当たって、その契約は代理店と顧客の間ではなく、商品の仕入れ先である企業と顧客の間に結ばれることになるのが、代理店での契約の特徴です。あくまでも、代理店は販売企業の代理として販売を行っており、販売企業そのものではありません。

代理店が得る利益とは

通常であれば、商品の原価と販売価格の差額が、販売する側の利益となります。しかし、代理店の場合、販売しているのはあくまでも企業です。間に挟まっている代理店ではありません。売買契約も、企業との間で結ばれ、代理店との間には結ばれません。では、どのような利益を得ているのかというと、企業から受け取ることのできる手数料です。企業との間に代理店契約を結んだ代理店は、販売で直接的な利益は出ませんが、手数料という形での利益を得ています。

代理店契約には、様々なタイプが存在しています。中には、定年を気にせずに働いていけるタイプもあります。