手軽くきれいに詰まりを改善!トイレ詰まり解消裏技3選

便器からの水はねを防ぐ

いざトイレが詰まってしまった際、何らかの方法でその詰まりを解消する必要に迫られます。もっとも一般的な方法はラバーカップを使用するものですが、ラバーカップは水中で使用しなければ意味が無いため、どうしても便器からの水はねを覚悟しなければなりません。これを防止したいのであれば便器をビニールで覆ってしまえば良いでしょう。その際、ビニールの中心にラバーカップを通す穴を開けておけば、便器からの水はねを完全に防止した上で気兼ねなくジャバジャバすることができます。

時間をおいて解消されない詰まりにはお湯を注いでみる

トイレ詰まりは、トイレットペーパーや汚物に圧力がかかって細い排水管を塞いでしまうことが原因で起こります。このトイレットペーパーや汚物にかかる圧力は、長時間便器の水に浸されることで溶けて解消されることがあるため、便器に水を貯めて放置するのも有効な手段です。しかし、それでも詰まりが解消されない場合は、水の代わりにお湯を便器に注いでみましょう。温かい温度でトイレの詰まりが溶けていき、より排水管にかかる圧力を解消できる場合があります。しかし、熱湯は時によって便器を破損させてしまうため、注ぐお湯はぬるま湯程度に留めておく必要があります。

頑固な詰まりには、重曹と酢で対処

基本的にトイレ詰まりはラバーカップを使用すれば解消する場合が大半ですが、手元にラバーカップが無く、便器にお湯を注いでも詰まりが解消されない場合は、重曹と酢を使ってみましょう。お湯や水に重曹と酢を加えると、相互が反応して二酸化炭素が発生します。この二酸化炭素の発泡作用で詰まりを融かしつつ、排水管にかかる圧力を取り除くわけです。修理業者を呼ぶ前に、まずこうした手法を試してトイレ詰まりが解消されないか試してからでも遅くはありません。

水漏れは、文字通り水が排水管から漏れ、マンションだと天井から垂れてきたりします。そのときにまずはじめに電化製品をは遠ざけます。電化製品に水がつくと漏電の可能性もでてくるからです。