プライバシーの必要性と保護するための工夫

プライバシーという概念

20世紀に入って、様々な新しい人権が登場しました。その1つがプライバシーです。プライバシーとは、個人の生活を他の人に見られたりしないための権利で、個人情報なども含まれています。個人の職業や出身地などをむやみに聞いたり言いふらすと言う行為は、プライバシーを侵害していると言えます。最悪の場合には、訴訟などにも発展してしまうことがあります。ただし、自分からも、個人のプライバシーを守る工夫が必要でしょう。

企業におけるプライバシー

企業でアンケートなどを回答するときや、商品を注文するときには、個人の住所や氏名、電話番号を企業側に伝えることになります。個人情報を預かった企業には、個人情報を大切に扱う義務が発生します。そのため、最近ではプライバシー遵守の実績がある企業には、プライバシーマークと呼ばれるものが与えられています。ただし、この企業に与えられるプライバシーマークは、一度与えられても数年おきに更新の手続きをしなければなりません。

プライバシーを守るためには

個人の個人情報などは、どうしても外部に伝わってしまうものです。しかしながら、プライバシーを自分自身で守ることはできます。例えば、インターネットや近所などで、むやみに自分の職業や趣向などを公開しないことが挙げられます。万が一公開してしまうと、その情報は至る所に拡散してしまい、収拾がつかなくなってしまいます。特に、インターネットに一度書き込んだことは、滅多に消すことができません。より一層注意が必要でしょう。

機密文書とは文字通り機密である為、紙媒体であるならばシュレッダーなどで数回にわたって裁断処理をするのがベストです。